憲法、憲法判例、憲法学習法

他科目おすすめテキスト

憲法のおすすめテキストに戻る

ここでは憲法以外の科目で、おすすめするテキストについて、気の向くままに書いています。個人的な好き嫌いも含めてますので、参考程度にどうぞ

刑法総論

団藤重光「刑法綱要総論」

刑法の勉強をしていて、これを読まないという選択がありうるのかと、個人的には思っています。そのくらい、名著ですし、基本文献です。

もちろん、試験対策にこれだけを読む、などという本ではありません。刑法の本質を考えるために読む本と言っておきましょう。ですから、初学者がこれを読む必要はありません。

初学者としてまとめて言うのも、本当は正確ではありません。ある程度の体系的・抽象的思考に慣れた方であれば、最初からこの本を詠むことで、刑法の本質をつかめるかもしれません。ただ、一般的な読者で、法律の勉強を始めようかという方には、少々荷が重いかもしれません。

しかし、刑法の勉強をする以上、いつかは読んでいただきたい本です。試験合格後でよいので、ぜひ、お読みください。

川端博「刑法総論講義」

川端先生は、レクチャー刑法をはじめ、入門書も多く書かれていて、教育熱心な先生のようです。私としては、川端先生の文章とはなぜかあまり相性がよくない(読んでいてストレスがたまる)のですが、同じ人が何冊も書いているというのは、勉強の上ではありがたいことだろうと思います。

井田良「講義刑法学・総論」有斐閣

カバーデザインが、有斐閣というより法学書院のよう。

そんなことはどうでもよいですが、今一番新しい刑法の教科書。これは実に丁寧にわかりやすく書かれています。今から本格的な勉強をしようと思う人には絶対のおすすめ。

行為無価値論者の新しい教科書がやっと出た、という点でもありがたいですね。大谷先生の本は、私は好きじゃなかったので。

中途半端な入門書というのは、論理に隙があって、読みこんでいくうちにわからなくなっていくものです。基本書であっても、限られた分量で書いている以上、こちらが補っていく必要はありますが、読んでいて納得しやすいという利点は基本書ならではです。ある程度の読む速さがある方には、この本からスタートすることをおすすめします。

前田「刑法」

これは、私も読みましたが、面白くない本。カタログのようにいろいろ乗っていますが、私の読解力のなさのせいか、ひきつけられるものを全く感じませんでした。予備校とかではよく使われていたのですけど、司法試験の短答式に便利という理由だったのではないでしょうか。

これは前田教授の方法論なのでしょうが、私としては、刑法の厳密な思考を緩めている感じが、ちょっと受け付けませんでした。刑法よりも民法が得意っていうタイプの人には使いやすいかもしれません。でも、あまりお勧めはしたくない本です。

同じ著者の刑事訴訟法という教科書(池田裁判官との共著)もありますが、こちらも凡庸な本。そもそも池田裁判官と言えば、葛飾の裁判の控訴審で…などとけちをつけたくなるのでした。

井田「刑法総論の理論構造」成文堂

こちらは教科書と言えるのか微妙ですが、非常に緻密に議論を展開していて、面白い本だと思います。ただし、司法試験の準備としては、致命的に向かない気がします。まあ、この本を楽に読みこなせる人なら、司法試験も余裕かもしれませんけれど。刑法学者になりたい人や、マニアックな刑法好きにはよだれが垂れそうな本。

山口「刑法総論」

いまどき、結果無価値、行為無価値というのもなんですが、私は結果無価値説にあまりシンパシーを感じていませんので、山口先生の本も、それほど熱心に読んだわけではありません。ただ、論理的にはきれいに(シャープに)書いてあるので、短時間に身に付けて論文を書くには便利じゃないかな、と思いました。

思うに、結果無価値説というのは、思考を節約できるという点で人気があるのではないか、なんていうと怒られますね。ですが、乱暴を承知で言えば、ある程度、ものごとを割り切って考えたい人にはこちらが向いていると思います。う~ん、悪口に聞こえたらごめんなさい。

民法

内田民法Ⅰ~Ⅳ

毀誉褒貶が激しい本です。

思うに、出来上がった体系を、ぱぱっと頭に入れたい人には徹底的に不向きな本。ですが、じっくり考えて、自分なりに体系を作り上げたい人にはいい本です。

でも、この本を論点本のように読んでしまうと、良さが半減以下になるので注意しましょう。

なお、論点以外の叙述が妙に薄いところがあり、実務のための勉強という意味ではいささか問題があります。あくまでも民法の基礎訓練用の教科書。ただし、資格試験レベルはこれで十分です。

大村敦「基本民法」有斐閣

実はこの本の真価はカバーをはずしたときにはっきりします。なんだか艶々としてきれいなんです。それだけでも、この本を買う価値がある…かどうかは人それぞれですが、なかなか良い本です。

民法において、何が重要なポイントか、はっきりさせてくれる本です。ただ、こういう本を、初学者が独力で読みこなせるのかは、いまひとつ不明。私であれば、ケースが多く教育的配慮の行き届いた内田民法を選びます。ある程度勉強した後で、この「基本民法」を読むと、すっきりするのではないでしょうか。

窪田充見「不法行為法」

独特の語り口が楽しい本です。不法行為法については、とにかくしっかり勉強しておくのがおすすめです。今から不法行為を勉強される方には、楽しく基礎からじっくり勉強できるこの本をおすすめします。

二宮修平「家族法」

いささか保守的な姿勢をくずさない(?)内田先生に比べて、大胆に、現代的な感覚で記述されているのが二宮先生です。わかりやすさという意味でも、内田先生の民法Ⅳと並んで好印象。不法行為法と並んで、家族法は良く使う法律ですので、しっかり勉強しておきましょう。

我妻栄「民法案内」勁草書房

これはいわずと知れた名著。やはり名前を挙げないわけにはいきませんね。やさしい語り口で、じっくりと民法の考え方を解説してくれます。決して難しくはないのですが、じっくり読んでみたい本です。この本と基本書を併読すると、非常に理解が深まります。

道垣内弘人「担保物権法」有斐閣

これも名著です。読めばわかる、絶対の名著。でも、司法試験レベルでは必要ない本ですね。余裕がある人はぜひ読んでほしいです。

川井健「民法概論」

近年、全巻そろいました。内田・大村両先生の本とは異なり、伝統的なスタイル。初学者向けではないですが、民法をしっかり学ぶにはぜひおすすめ。我妻先生の考え方と相性がよいのも使いやすいです。

刑事訴訟法

田宮裕「刑事訴訟法」

憲法の芦部、刑訴の田宮、と個人的には思っています。味わいのある文章(冗長という人もいますが)で、刑事訴訟法の深みがわかります。

寺崎嘉博「刑事訴訟法」

こちらは最近の本。アンパンマンが出てくる現代的(?)な本です。読み方の指定までついていて、配慮の行き届いた本。逆に、ちょっと煩い感じを受ける人もいるかもしれません。相性が合うようならば手にとって見てもよいでしょう。

民事訴訟法

伊藤眞「民事訴訟法」

もちろん、某受験指導講師とは別人です。間違えると怒られます。民事訴訟法の教科書では一番のお勧めだと思います。叙述が丁寧であり、しかも基本的なところをきちんと解説しているので受験生向きではないでしょうか。

これか上田先生の本か、どちらを選ぶかは、好みなのでしょうが、上田民訴は、少し冗長かな、という気が個人的にはします。

上田

実は、私が民訴の本を最初に読んだのは、この本でした。分厚い本を読むと、自分が賢くなった気になって嬉しかったのでした。もちろん、そういう気がした、ってだけでしたけどね。後日、伊藤先生の本を読んでから、読み返してみると、丁寧に書いてあってよい本だな、と思いました。

高橋宏志「重点講義民事訴訟法」

民訴は眠素、と言われていた時代がありました。それを打ち破ったのは、まずは三ヶ月先生だったんでしょうけれど、高橋先生のこの本を読んで、民訴は眠素なんて言う人はいないはず。

教科書というスタイルの本ではないので、まずは、伊藤先生の教科書を読んだ後でこれを読めば、民訴を好きになることは間違いないと思います。大変な名著です。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional