憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法1条

憲法条文に戻る

第一条【天皇の地位・国民主権】 
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

本条は、主権者が国民であることを述べるとともに、それと調和するものとして、主権者である国民の意思に基づいた象徴天皇制を採用したことを宣言しました。

本条は、明治憲法の第1条に対応するものと考えられます。

大日本帝国憲法
第1条 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

つまり、憲法改正が形式上、明治憲法の改正という手続をとったことに対応し、天皇がもはや主権者ではなく、国民の総意に基づく象徴となり、主権者は国民に替わったのだ、ということを宣言したわけですね。

なお、明治憲法下では、天皇は主権者であると同時に、象徴でしたので、日本国憲法上の天皇の地位は、象徴の部分だけ残ったもの、と考える説があります。しかし、国民が主権者であることを宣言したことが、本条の最も重要な趣旨と考えた場合、天皇の象徴たる地位も、主権者である国民の総意に基づき、新たに創設されたものと見るのが妥当でしょう。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional