憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法12条

憲法12条

第十二条【自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任】
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

本条の意義

本条は基本的人権の歴史的性格を述べ、この遺産の上に眠ることなく、これを保持のために国民が努力しなければならないことを規定しています。

ただし、これは義務といっても法的な義務ではなく、精神的な指針です。

濫用禁止・利用の責任

濫用というのは、形式的には自由・権利の行使であるかに見えるものであっても、憲法がその権利を保障した趣旨に反する行為です。この自由・権利を濫用してはならないこと、また、公共の福祉のために利用する義務が規定されていますが、これもまた政治道徳的な規定であり、直接の法的効果はありません。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional