憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法3条

憲法条文

憲法3条
天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

(1)象徴としての天皇は、「国事に関する行為」(=国事行為)を行うことができます。

なお、4条1項は、「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」と規定しています。

憲法3条と4条の関係についてはこちら

(2)この国事行為をするにあたり、「内閣の助言と承認」が必要です。このように、日本国憲法は、天皇の行為を内閣の意思のもとにおきました。

ここでの「助言と承認」については、いくつかの説がありますが、現在、この二つをひとつの行為とみるのが一般的です。助言と承認についてはこちら

なお、内閣が負う「責任」は、国会に対する政治責任と解されています。これは、天皇の責任の肩代わりではなく、内閣それ自体の責任です。そして、天皇自体は、政治的権限を持たず、その結果、責任も負いません。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional