憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法41条

憲法条文

第41条
国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

国権の最高機関

国会は、国権の最高機関、としています。
最高機関っていうのはどういう意味でしょう。

条文だけ読んだら、そりゃあ最高機関っていうんだから、一番えらいんじゃない?って思いますよね。
実際、そういう説もありました。

統括機関説って言います。
言葉通り、国会は国権の統括機関、とするんですね。

統括機関っていうからには、他の機関、内閣やら裁判所に対してもいろいろ言えるはずですね。

この説に従って、参議院の法務委員会が裁判所の判決に批判をしたことがあります。これが有名な浦和事件。量刑が軽すぎるとまで言ってしまいました。これには最高裁が厳重に抗議。法務委員会は、この統括機関説をもとに、国政調査権は司法権に対しても監督権があるんだ、って反論しました。

でも、学説は結局、ほとんどが最高裁を支持しました。やっぱり統治の基本原理は、権力分立ですからね。

というわけで通説は、政治的美称説です。

ぶっちゃけていえば、おだてただけ、ってことですね。

法的には意味がありません。ただ選挙で選ばれるという意味では、主権者(国民)に一番近いですから、政治的には最も重要だということを示した文言、という考え方です。

政府見解もこの立場ですし、判例ももちろんそうです。

もちろん、って何で?とか聞かないでくださいね。最高裁は、国会が統括機関説によって干渉してきたことに抵抗したんですからね。

唯一の立法機関

唯一の立法機関であるということは、
「国会が立法の中心であること」と
「国会が単独で立法できること」の二つの意味があります。

国会中心立法の原則

国会が立法の中心であることを、国会中心立法の原則と言います。

これは、立法は国会が中心になって決める、国会以外では決めさせない、ということです。

王様とかが勝手に法律を決めては困るわけです。
国民の代表である国会だけが、法律を作ることができます。

国会単独立法の原則

国会が単独で立法できることを、国会単独立法の原則と言います。
これは、法律は国会だけで決められる、ってことです。

国会が決めた法律に対し、王様が、それじゃあいけない、こんな風な法律に変えなさい、なんて言わせないんですね。国会だけで決められるんです。

「立法」の意味

ここでいう「立法」の意味は、単なる形式的意味の立法ではありません。

形式的意味の立法とは、国会が制定する法規範である法律を決めるという意味です。これじゃあ、当たり前すぎて意味がありません。

国会は、国会が制定する法規範を決める唯一の機関、なんて、意味がありません。

ですから、ここで言っているのは実質的意味の立法です。

これは一般的・抽象的な法規範を定めることを言います。

19世紀の立憲君主制においては、実質的意味の立法とは、国民の権利を直接制限、義務を課する法規範の定立として考えられていましたが、現在の民主主義体制において、より広く捉えられるようになったわけです。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional