憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法54条

憲法条文

第54条
(1)衆議院が解散されたときは、解散の日から四十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から三十日以内に、国会を召集しなければならない。
(2)衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。 
(3)前項但書の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであつて、次の国会開会の後十日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失ふ。

内容を簡単に整理すると、

(1)衆議院解散→総選挙→特別会
(2)この間、参議院も閉会、緊急の必要があれば、参議院の緊急集会。
(3)あとで衆議院の同意が必要。

ということですね。日にちも覚えてくださいね。
40、30、2項がなくて、10日です。

○ 解散後、70日以内に国会(特別会)が召集されることになります。
この点、明治憲法45条は、解散後5ヶ月以内の召集を定めていました。

○ 参議院は、衆議院の解散と同時に閉会です。

○ 緊急集会は、参議院議員は召集を求めることができません。あくまでも、内閣だけです。

なお、緊急集会は、憲法7条でいう「国会を召集すること」にはあたらず、天皇は召集しません。

なお、明治憲法では、緊急命令制度があり、行政府に緊急措置をとる権限がありました。

○ 会期およびその延長については、臨時会と同じ制度です。というか、国会法で一緒に規定されてます。

  •  両議院一致の議決で会期を決めます。
  •  会期の延長は、二回まで。これも両議院一致の議決で決定。
  •  もし一致しないときは、衆議院の決定で決まります。

これにつき、国会法は以下のようになっています。
必ず条文を確認しておいてください。

国会法
10条 常会の会期
11条 臨時会・特別会の会期
12条 会期の延長について
13条 衆議院の優越

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional