憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法55条

憲法条文

第55条
両議院は各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

○ 議院は、他の議院や、国家機関の干渉を受けない自律権があります。議員の資格に関する争訟の裁判権も、所属議院が持っています。

○ ただし、選挙争訟と当選訴訟は裁判所にゆだねられています。

○ 資格争訟の裁判は、裁判所法3条1項にいう、「日本国憲法に特別の定のある場合」にあたり、裁判所の機能からのぞかれているため、この裁判に関して、司法裁判所に救済を求めることはできません。

○ 資格争訟を提起された議院は、そのことだけでは議員としての地位を失うわけではありませんが、自己の争訟に関する表決に加わることはできません。

○ 資格争訟の裁判は、各議院の議員が、その院の議長に文書で争訟を提起すると、委員会の審査を経た後、議院で議決します。

○ なお、出席議員の三分の二以上の特別多数を必要とするのは、議員資格を失わせる場合であり、その他の議決は過半数でかまいません。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional