憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法57条

憲法条文

第57条
(1)両議院の会議は、公開とする。但し、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。
(2)両議院は、各々その会議の記録を保存し、秘密会の記録の中で特に秘密を要すると認められるもの以外は、これを公表し、且つ一般に頒布しなければならない。 
(3)出席議員の五分の一以上の要求があれば、各議員の表決は、これを会議録に記載しなければならない。

○ 憲法57条は公開の原則を定めています。この原則は、国民主権・国民代表制に基礎をおいたもので、議会の議事を、主権者である国民の監視と批判にさらし、民意の実現を図っています。

○ 本条に言う「会議」は、本会議のような、議員の総員で構成する議院全体の会議のことです。

委員会決議には公開原則は認められず、非公開が原則になります。傍聴も議員の他は許されず、委員長の許可を得た報道関係者のみに限定されます

○ 両議院の会議は、原則的に公開であり、あくまでも例外として、秘密会の開催が可能になっています。なお、秘密会の発議は、議長または10名以上の議員からなされます。

○ また両院協議会については一切の公開が禁止されています。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional