憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法68条

憲法条文

第68条 
(1)内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。 
(2)内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。 

内閣総理大臣は、国務大臣の任免権を与えられています。

(1)任命

内閣総理大臣が任命した国務大臣について、天皇は任命の認証を行う(憲法7条5号)だけであり、任命そのものは内閣総理大臣の専権に属するわけです。また、議会の承認も必要とせず、内閣総理大臣の内閣の首長としての地位は、他の立法例において例が見られないほど強いものになっています。

国務大臣の任命に閣議決定を必要とすることは認められません。また副総理による代行も認められないというのが先例です。

ただし、国務大臣の過半数は国会議員の中から選ばなくてはなりません。これは議院内閣制を徹底する趣旨です。

(2)罷免

次に、国務大臣の罷免は、内閣総理大臣が「任意に」つまり自由裁量で行うことができます。

これは、理由や、国務大臣の意思を問わないということで、内閣総理大臣の閣内の統制力を強力なものにしています。

明治憲法下では、内閣総理大臣は同輩中の首席に過ぎず、国務大臣の罷免権を持たなかったため、軍の意向を背景とした大臣と意見があわず、閣内不統一によって総辞職することがあったことも反映しています。

(3)認証

ただし、国務大臣の任免について必要な天皇の認証については、内閣の助言と承認が必要であり、それについては閣議が必要となります。ただし、認証は行為の有効要件ではないため、認証がないからといって、任免が無効になることはありません。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional