憲法、憲法判例、憲法学習法

憲法8条

憲法条文

第8条 
皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。

または、と、もしくは、の使い分け

(A or B)or(C or D)
ならば、AもしくはB,またはCもしくはD、
となります。

第8条の場合ですと、「AまたはBもしくはC」という形ですので、
A or (B or C)ということになるわけですね。

つまり、

皇室に、財産を譲り渡し
  又は
皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与すること
  は
国会の議決に基かなければならない。

となります。

本条について

本条は、皇室の私有財産について、財産移転を国会のコントロールのもとにおきました。これにより、皇室が莫大な財産を蓄積したり、それを政治的に利用し、皇室と特定の私人や企業が結びつくのを防ぐ趣旨です。

国会の議決については、法律や予算の議決ではないので、衆議院の優越はありません。

なお、日常的で少額の財産授受については、8条の適用はありません。

88条との違い

皇室財産に関しては、本条以外に、88条も定めています。
88条は、皇室財産の国有化と、皇室費用の国会議決を定めています。

これについての議決は、予算に計上されるもので、衆議院の優越が認められます。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional